おじさんの泣けるYouTube

おじさん世代には、ちょっとジンとくる懐かしい歌や動画をYouTubeから探しました。

  • 大原麗子さん、可愛かったですね。
    「少し愛して 長く愛して」
     

     

    No Comments
  • 北原ミレイさんの歌です。ここに載せた中では一番新しい部類の歌です。
    かなり泣けますね。
     

    No Comments
  • 仲宗根美樹さんの歌です。題名知りませんでしたが曲はよく知っています。
     

    No Comments
  • 私の好きなフォーククルセダースの歌の中でも一番寂しく悲しい歌か?
     

    No Comments
  • 有名な竹久夢二の詩ですね。
     

    1、待てど暮らせど 来ぬ人を
     宵待草(よいまちぐさ)の やるせなさ
     今宵(こよい)は月も 出ぬそうな

    2、暮れて河原に 星一つ
     宵待草の 花が散る
     更けては風も 泣くそうな

    No Comments
  • これも「野口雨情作詩 中山晋平作曲」なんですね。
     

    1、黄金虫は 金持ちだ
      金蔵(かねぐら)建てた(たてた) 蔵建てた
      飴屋(あめや)で水飴 買って来た
     
    2、黄金虫は 金持ちだ
      金蔵建てた 蔵建てた
      子供に水飴 なめさせた

    No Comments
  • この歌も題名を知りませんでした。
     

    1、私は真っ赤な(まっかな)りんごです
      お国は寒い北の国
      りんご畑の晴れた日に
      箱につめられ汽車ぽっぽ
      町の市場へつきました
      りんご りんご りんご
      りんご 可愛い(かわいい) ひとりごと
    2、くだもの店のおじさんに
      お顔をきれいにみがかれて
      皆んな(みんな)並んだお店先
      青いお空を見るたびに
      りんご畑を思い出す
      りんご りんご りんご
      りんご 可愛い ひとりごと
    3、今頃(いまごろ)どうしているかしら
      りんご畑のお爺さん(おじいさん)
      箱にりんごをつめながら
      歌をうたっているかしら
      煙草(たばこ)をふかしているかしら
      りんご りんご りんご
      りんご 可愛い ひとりごと

    No Comments
  • 本来は「あの子はたあれ」だったようです。
     

     
    1、あの子はだあれ だれでしょね なんなんなつめの 花の下
      お人形さんと 遊んでる かわいい美代ちゃんじゃ ないでしょか

    2、あの子はだあれ だれでしょね こんこん小やぶの 細道を
      竹馬ごっこで 遊んでる 隣の健ちゃんじゃ ないでしょか

    3、あの子はだあれ だれでしょね とんとん峠の 坂道を
      ひとりでてくてく 歩いてる お寺の小僧さんじゃ ないでしょか

    4、あの子はだあれ だれでしょね  お窓にうつった 影法師
      お外はいつか 日がくれて お空にお月さんの 笑い顔

    No Comments
  • これはリズミカルな楽しい歌ですね。
     

    1、しばしもやまずに 鎚(つち)うつ響(ひびき)
      飛び散る火の花 はしる湯玉(ゆだま)
      鞴(ふいご)の風さえ 息をもつがず
      仕事に精出す(せいだす) 村の鍛冶屋
    2、あるじは名高き(なだかき) いっこく老爺(おやじ)
      早起早寝の 病(やまい)知らず
      鉄より堅しと(かたしと) ほこれる腕に
      勝りて(まさりて)堅きは 彼がこころ
    3、刀(かたな)はうたねど 大鎌小鎌(おおがまこがま)
      馬鍬(まぐわ)に作鍬(さくぐわ) 鋤(すき)よ鉈(なた)よ
      平和のうち物 休まずうちて
      日毎(ひごと)に戦う 懶惰(らんだ)の敵(てき)と
    4、かせぐにおいつく 貧乏(びんぼう)なくて
      名物(めいぶつ)鍛冶屋は 日々に繁昌(はんじょう)
      あたりに類なき(るいなき) 仕事のほまれ
      鎚(つち)うつ響きに まして高し(たかし)

    No Comments
  • 断片的にしか覚えていないのですが、少し悲しい。
     

     
    1、園(その)の小百合(さゆり) 撫子(なでしこ) 垣根の千草
      今日は汝(なれ)をながむる最終(おわり)の日なり
      おもえば涙 膝(ひざ)をひたす さらば故郷
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば
    2、つくし摘みし(つみし)岡辺(おかべ)よ 社(やしろ)の森よ
      小鮒釣りし小川よ 柳の土手よ
      別るるわれを憐(あわれ)と見よ さらば故郷
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば
    3、此処に(ここに)立ちて さらばと 別(わかれ)を告げん
      山の蔭(かげ)の故郷 静かに眠れ
      夕日は落ちて たそがれたり さらば故郷
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば
      さらば故郷 さらば故郷 故郷さらば

    No Comments