おじさんの泣けるYouTube

おじさん世代には、ちょっとジンとくる懐かしい歌や動画をYouTubeから探しました。

  • 森山良子さんが最初に歌ったんですね。知らなかった。
    歌詞は載せられないようです。まだ著作権に引っ掛かるようです。
     

    No Comments
  • どうやら元の歌があるようなのですが、私が知っているのは小林明です。
     

     
    窓は夜露に濡れて
    都すでに遠のく
    北へ帰る旅人ひとり
    涙流れてやまず

    夢はむなしく消えて
    今日も闇をさすろう
    遠き想いはかなき希望(のぞみ)
    恩愛我を去りぬ

    今は黙して行かん
    なにをまた語るべき
    さらば祖国愛しき人よ
    明日はいずこの町か
    明日はいずこの町か

    No Comments
  • 倍賞千恵子の歌声でどうぞ
     

     
    白い花が 咲いてた
    ふるさとの 遠い夢の日
    さよならと 言ったら
    黙ってうつむいてた お下げ髪
    悲しかった あの時の
    あの白い花だよ

    白い雲が 浮いてた
    ふるさとの 高いあの峰
    さよならと 言ったら
    こだまがさようならと 呼んでいた
    淋しかった あの時の
    あの白い雲だよ

    白い月が 泣いてた
    ふるさとの 丘の木立に
    さよならと 言ったら
    涙の瞳で じっと 見つめてた
    悲しかった あの時の
    あの白い月だよ

    No Comments
  •  誰もが知っている尾瀬。行ったことがある人も多いと思います。それはこの歌が大いに関係しているようです。この歌が尾瀬に人を呼んでいるといっても過言ではないようです。そして、実際に尾瀬に行って虜になる人もまた多いようです。
     

     
    夏がくれば思い出す
    はるかな尾瀬 遠い空
    霧のなかにうかびくる
    やさしい影 野の小径(こみち)
    水芭蕉の花が咲いている
    夢見て咲いている水のほとり
    石楠花(しゃくなげ)色にたそがれる
    はるかな尾瀬 遠い空

    夏がくれば思い出す
    はるかな尾瀬 野の旅よ
    花のなかにそよそよと
    ゆれゆれる浮き島よ
    水芭蕉の花が匂っている
    夢みて匂っている水のほとり
    まなこつぶればなつかしい
    はるかな尾瀬 遠い空

    No Comments
  • 幸せなはずの花嫁がなぜ泣いているのか。そこに深い人間模様が隠されているようで、意味深い歌詞ですね。
     

     
    きんらんどんすの帯しめながら
    花嫁御寮(ごりょう)はなぜ泣くのだろ

    文金島田に髪結いながら
    花嫁御寮はなぜ泣くのだろ

    あねさんごっこの花嫁人形は
    赤い鹿(か)の子の振袖着てる

    泣けば鹿の子のたもとがきれる
    涙で鹿の子の赤い紅(べに)にじむ

    泣くに泣かれぬ花嫁人形は
    赤い鹿の子の千代紙衣装

    No Comments
  • ドボルザークの交響曲第9番「新世界から」の中にある曲(家路)に詩をつけたものですね。
     

     
    遠き山に日は落ちて
    星は空をちりばめぬ
    きょうのわざをなし終えて
    心軽く安らえば
    風は涼しこの夕べ
    いざや楽しきまどいせん
    まどいせん

    やみに燃えしかがり火は
    炎(ほのお)今は鎮(しず)まりて
    眠れ安くいこえよと
    さそうごとく消えゆけば
    安き御手(みて)に守られて
    いざや楽しき夢を見ん
    夢を見ん

    No Comments
  • 故郷と言えるような田舎を持っていない人も、この歌を聴くと日本の原風景を思い出して懐かしい気持ちになるでしょう。
     

    兎追ひし かの山
    小鮒釣りし かの川
    夢は今も めぐりて
    忘れがたき 故郷
     
    如何にいます 父母
    恙(つつが)なしや 友がき
    雨に風に つけても
    思ひいづる 故郷
     
    こころざしを はたして
    いつの日にか 帰らん
    山はあおき 故郷
    水は清き 故郷

    No Comments
  • 「故郷の廃家(はいか)」は何と明治40年(1907)に中等教育唱歌に選定されたという古い歌です。元はアメリカの曲だそうです。
    でも、色褪せませんね。
     

     
    幾年(いくとせ)ふるさと 来てみれば
    咲く花 鳴く鳥 そよぐ風
    門辺(かどべ)の小川の ささやきも
    なれにし昔に 変わらねど
    あれたる 我家(わがいえ)に
    住む人 絶えてなく
     
    昔を語るか そよぐ風
    昔をうつすか 澄める水
    朝夕かたみに 手をとりて
    遊びし友人(ともびと) いまいずこ
    さびしき故郷(ふるさと)や
    さびしき我家(わがいえ)や

    No Comments
  • 海辺で育ったわけではないのに、この歌を聴くとその情景がしっかりと浮かんできます。
     

     
    あした浜辺をさまよえば
    昔のことぞ忍ばるる
    風の音よ 雲のさまよ
    寄する波も かいの色も

    ゆうべ浜辺をもとおれば
    昔の人ぞ忍ばるる
    寄する波よ かえす波よ
    月の色も 星のかげも

    はやちたちまち波を吹き
    赤裳(あかも)のすそぞぬれひじし
    病みし我はすべていえて
    浜の真砂 まなごいまは

    No Comments
  • これも日本の原風景を思い出させてくれる歌ですね。
    森繁久弥の歌で探したのですが、見つかりませんでした。
     

     
    春は名のみの 風の寒さや
    谷のうぐいす 歌は思えど
    時にあらずと 声もたてず
    時にあらずと 声もたてず

    氷融け去り 葦はつのぐむ
    さては時ぞと 思うあやにく
    今日も昨日も 雪の空
    今日も昨日も 雪の空

    春と聞かねば 知らでありしを
    聞けばせかるる 胸の思いを
    いかにせよと この頃か
    いかにせよと この頃

    No Comments